配偶者の正しい呼び方について。「うちの嫁はん」は間違い

その他

 

本記事では男性が自分の配偶者のことを何と呼ぶか、について説明します。具体的には以下のどれが正しいのか、という話です。

 

妻、奥さん、嫁、女房、家内、カミさん

 

このように女性配偶者を表す言葉は複数の呼称がありますが、それぞれどう違うのかご紹介します。

私は結婚してからその違いが気になって調べたので、今回まとめてみました。知らなければ恥をかくかもしれませんので、ぜひご参考頂ければと思います。

 

 

配偶者の正しい呼び方は妻

 

結論から言うと、女性配偶者を呼ぶときは「妻」と呼ぶべきです。根拠は以下の通りです。

 

  • 婚姻制度上、婚姻関係にある女性は「妻」であり、書類の続柄にも「妻」が使われる。
  • 歴史上の書物で、婚姻制度が生まれる以前から、女性パートナーのことを「妻」と呼んでいた記録が残っている。
  • 他の呼称をみると、妻が一番ふさわしいのが分かる。

 

続けて、他の呼び方はどういう意味をもつのかご紹介します。

 

  • 奥さん:「他人の妻」に対する敬称
  • 嫁:「息子の妻」という意味
    「嫁いびり」という言葉があるように、「姑」と同列にある言葉です。母親が息子の妻に対して「お嫁に来てくれてありがとう」といった使い方が正しいです。
    芸人さんなどが「ウチの嫁が〜」と言ってる使い方は完全に間違いです。
  • 女房:「世話人」というニュアンスを含む
    元々は「女官の部屋」という意味で、「使用人」という意味に変化しました。
  • 家内:「家の中にいる人」を表します
    差別的な観点からも今の時代に適した呼び方ではありません。
  • カミさん:主人・女将さんという意味
    商人・職人などの主婦を意味する
    あえて「尻に敷かれている」ようなニュアンスを出す場合は使える呼称ではあります。芸人さん等がよく「うちの嫁」と言ってるのは、「うちのカミさん」にすべきですね。

 

 

他人の配偶者の呼び方

 

他人の妻を呼ぶときは「奥さん」「奥様」という呼び方を使います。「奥さん」「奥様」は他人の妻に対する敬称として使われます。

 

(例)「田中さんの奥さん」「奥様はご在宅ですか?」など

 

逆に「田中さんの妻」「あなたの嫁さん」といった呼び方は正しくないので注意しましょう。

 

嫁と言う呼び方が嫌い

 

テレビで芸人さんや芸能人が「うちの嫁」という言い方をしているのをよく見かけますが、先述の通りこれは間違いです。

 

「嫁」=「息子の妻」という意味です。

 

なお、この「嫁」という呼び方が嫌いな女性も多いようです。これをGoogleが証明しています。

 

 

「嫁 呼び方 嫌い」の検索結果は300万件以上、「嫁」という呼び方を嫌う声で検索上位が埋まっています。

 

 

もしあなたが「うちの嫁」という言い方を使っているようであれば、すぐにでもやめておいた方がよいでしょう。

 

まとめ

 

本記事では男性が自分の配偶者のことを何と呼ぶか、具体的には妻、奥さん、嫁、女房、家内、カミさんという呼び方がそれぞれどう違うのかまとめてみました。

あまり意識していなかったという人も、これを機にぜひ正しい呼び方を使って頂ければと思います。