睡眠改善の効果が認められた、メラトニン(睡眠ホルモン)を増やす3つのアイテム

健康法

 

アロマテラピー

マッサージ

ヒーリングミュージック

 

良質な睡眠をとるための方法は色々考えられますが、睡眠中のストレスホルモンが下がり、メラトニンの量が増えるという点では、実は上記の方法でははっきりとした効果が認められていません。

 

そんななかで、コクラン共同計画で効果が認められた「睡眠改善の効果がある3つのアイテム」を紹介します。

 

 

耳栓とアイマスクを同時に使うと、睡眠の質が上がる

 

「睡眠を改善するアイテム」について調べたコクラン共同計画のレビューで、耳栓とアイマスクを同時に使うと、睡眠中のストレスホルモンが下がり、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの量が増えることが分かっています。

 

その効果はアロマテラピーやマッサージよりも確実に高いことが分かっており、手軽さから考えても真っ先に実践すべき睡眠対策と言えるでしょう。

 

どちらも安価で手に入れることができますので、ぜひ始めてみてください。

おすすめを載せておきます。

 

 

目の疲れにはホットアイマスク!総合的に一番のおすすめはUSB給電式!

 

メラトニン(睡眠ホルモン)とは?

耳栓+アイマスクよりも効果が高いのが、メラトニンのサプリメントです。

コクラン共同計画のレビューでも、騒音や照明で眠れないときは、1日1㎎メラトニンを飲んだ方が効果が高いという結論が出ています。

 

アメリカなどではサプリメントとして服用するのは一般的で、睡眠や生体リズムへの効果は科学的に認められています。

メラトニンは、数多いサプリメントのなかでも、安全性が高い成分です。

 

日本では今のところ販売されていませんが、海外サイトからであれば購入可能です。

Amazonなどで販売されている睡眠改善のサプリメントは、2,000円~3,000円はしますが、海外サイトで購入すると60粒で731円と安価です。

Natrol, メラトニン

就寝20分前に1錠を飲めばOKです。

メラトニンのサプリは、体内時計の調節に使うという役割になるので、夜間(就寝前)以外での服用は避けてください。

 

メラトニンとは、脳の松果体(しょうかたい)と呼ばれる部分から分泌されるホルモンです。

主に21:00~09:00の時間帯に、02:00~03:00をピークとして分泌されると言われています。

体内時計の調整を行ったり、覚醒と睡眠を切り替えて、睡眠を安定させる作用があり、「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

 

他にも、メラトニンには、細胞の新陳代謝を促したり、疲れを取ってくれるため、病気の予防や老化防止にさまざまな効果を持つと考えられています。

 

 

認知シャッフル睡眠法【マインドシャッフル】

 

なかなか寝付けないという人は、マインドシャッフルを一度試してみてください。

メンタリストDaiGo監修〜認知シャッフル睡眠法〜

 

「マッサージ」→「ライオン」→「飛行機」

のように、関連性のない単語が再生されます。

聞こえた言葉を頭の中でイメージしていくうちに、いつの間にか眠りに入ることができます。

 

声の高さ、読み上げるペース、再生時間など、自分の好みに合わせて設定できます。

おすすめは、低めの声で5秒間隔、20~30分くらいです。

 

人によってはあまり効果がない人もいるようなので、効果があればラッキーぐらいに考えて、まずは試してみましょう。

 

 

参考:最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~