楽天回線に繋がらない?接続回線を確認する方法と手動で楽天回線に繋げる方法【iPhone】

楽天モバイル

ここでは、自分が使っているiPhoneが楽天回線に繋がっているかどうか確認する方法と、自分で楽天回線に繋げる簡単な方法を紹介します。

楽天モバイルが公表している対応エリア情報が完全に正確ではないこと、周囲のビルなど状況で繋がらない可能性があるようなので、全ての問題を解決できるわけではありません。あくまでも参考情報としてお試しください。

楽天回線とパートナー回線の違い

楽天アンリミットには、楽天回線エリアとパートナー回線エリアの2つがあり、高速データ通信の上限が異なります。

  • 楽天回線:上限なし
  • パートナー回線:5GB /月
パートナー回線で5GBを使い切ると、低速モード(最大1Mbps)に切り替わります。
低速モードといっても、動画をみたりゲームをする分にはあまり影響はありません。
が、Appの更新や新規ダウンロード、Yahooや楽天市場といった重いサイトの閲覧にはストレスを感じます。
(個人の感想です)
楽天掲載のマップで見ると楽天回線エリアのはずなのに、パートナー回線に繋がってしまうことがあります。
楽天回線なら上限なしで高速通信ですが、パートナー回線なら5GB使え終えればあとは低速になります。

楽天回線とパートナー回線どちらに繋がっているか確認する方法

普通に使っていても楽天回線とパートナー回線どちらに繋がっているのか分からないので、一手間かけて調べる必要があります。
といっても、「my楽天モバイル」アプリを使うだけ、2ステップで簡単に調べれます。

  • ステップ1:高速モードをOFF
  • ステップ2:通信速度を測る

高速通信をOFFにすると低速モードになるので、もし繋がっているのがパートナー回線エリアであれば、1Mbps以下(多分0.7とか0.8とか)になります。
高速モードをOFFにしても、繋がっているのが楽天回線であれば、高速通信のままです。そして測定結果は1Mbps以上(大抵は20Mbpsとか30Mbpsとか)になります。
よって一目で判定できます。他にも確認する方法はあるようですが、これが一番簡単な方法だと思います。

ステップ1

まず「my楽天モバイル」アプリから、「データ高速モード」をOFFにします。

ステップ2

同じ「my楽天モバイル」アプリの中に、通信スピードを測定できるツールがあるので、測定します。

先述の通り、測定結果が1Mbpsを超えているかで判断できます。FAST.comなど、ブラウザでも測定できるツールがあります。

自分で楽天回線に繋げる方法


楽天エリアのはずなのにパートナー回線につながっている場合は、原因を調べて対応しましょう。iOSの更新、APNの設定など基本的なことはここでは出来ているものとします。
iPhoneの「設定」から、「モバイル通信」→「ネットワーク選択」にいきます。デフォルトは「自動」になっているはずなので、OFFにして「Rakuten」を選択します。Rakutenが2つある場合は両方試してみてください。

あとは再度スピードを測定して改善されたか確認します。

まず一度再起動した方がいいかもしれません。楽天回線につながったあとも、しばらく使っているといつの間にか通信速度が遅くなり、テストしてみるとパートナー回線につながっていることがあります。そのときは、一度機内モードにしてみれば再び楽天回線をつかまえることができます。そもそもネットワーク選択に「Rakuten」が表示されていない場合、APN設定が間違っているか、端末が対応していないか、残念ながら楽天エリア圏外と考えられます。
楽天モバイル公式のQ&Aページ

楽天回線の対応エリア、対応端末

楽天回線の対応エリアを確認

楽天回線の対応端末を確認