フォトレジストにおけるpositiveとnegativeの違い

LCD

 

フォトレジストはpositiveとnegativeの2種類があり、2つはUVライトを当てた時に違う反応をする。

 

ポジの場合、UVを当てると、化学構造が変化し、現像(develop)工程でより溶けやすくなる。

よってUVを、取り除きたい場所にあてる。

UV照射しない場所は溶けずに残る。

 

 

ネガの場合、UV を当てると化学構造が変化し重合化が起きる(posiと逆の状態になる)。

現像(develop)工程で溶けにくくなる。

よってUVを、残したい場所にあてる。

UV照射しない場所が溶ける。

 

 

 

ポジ:UVを当てた場所が消える

ネガ:UVを当てない場所が消える

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Toshihiro
勉強せず早く就職したいと思い工業高校で色々資格を取る→スーツを着て働くビジネスマンを目指し外語大へ進学し英語を勉強/英検準1級とTOEIC835点→商社に就職して1年で辞める→第二新卒で中国→台湾で8年仕事/独学で中国語を習得→今は東京で商社勤務/脱サラ目指して副業