おさえておけば人生が変わる、幸福度を上げるための4つのポイント

幸福の科学

 

私たち人間は、幸せになれるはずなのに、バイアス(思い込み)などが作用して不幸を感じやすいようにできています。

 

ここでは、幸福学の視点から見た、幸福度を上げる効果がある4つのポイントを、紹介していきます。

 

 

 

人間は常に今が不幸に感じるようにできている

 

まず理解しておきたいのが、人間は今に対して不幸を感じやすくできている、ということです。

 

仕事も安定している

お金には困ってない

結婚もしている

毎日健康に過ごせている

 

このような人であっても、なんとなく不幸を感じることがあるかと思います。

なんとなく不幸を感じるのは自然なことなのです。

 

しかし、不幸を感じる一定の不安やストレスは、人間にとって必要なものだと言われています。

不安やストレスはがあるからこそ、人間は変化と改善を続け、これまで生き残ってきたと考えられているのです。

 

普段から不幸を感じやすい原因には、次の3つの効果が関係しています。

 

  1. 楽観バイアス
    「現在よりも未来の方が良いことがある」と思い、未来に比べて今が不幸に感じてしまう。
  2. ポリアンナ効果
    過去の嫌な記憶は薄れていき、過去は良かったと感じてしまう。
  3. 快楽の踏み車
    良いことがあってもすぐに慣れて、もっと良いことを期待してしまう。

 

このような効果が働いていることで、根拠もなしに未来は今より良くなると期待し、過去は美化し、目の前の幸せにはすぐに慣れてしまうのです。

 

実際は、私たちには「いま」しかありません。

今この瞬間を、いかに集中し、いかに没頭し、いかに幸福に生きるかが大事です。

 

 

 

成長していると感じること

 

1つ目は、自分の成長を実感することです。

人は前進している感覚、成長している感覚を感じることで、生きている感覚を持ち、幸福を感じることができます。

 

自分が成長できているを、客観的にチェックしてみましょう。

 

日々の成長に役立つ「習慣化テクニック」については、以下の記事をご参考下さい。

習慣をコントロールできるようになれば、人生の半分をコントロールできる。

 

 

感謝する相手がいること

 

感謝することで、免疫力が上がり、ポジティブな感情が強くなり、死亡率まで下がることが研究から分かっています。

 

感謝できる相手、また自分に感謝してくれる人とのつながりを築けていることが、幸福度に影響を与えているのです。

幸福度を上げるような人間関係を築けているか、チェックしてみて下さい。

 

また、友人が多いことと幸福度は相関性が低く、「数よりも質」が重要であることが分かっています。

とくに、性別、年齢、職業などで、様々な友人がいる方が、幸福度が高くなることが分かっています。

 

 

ある程度は楽観的に考えること

 

完璧を求めず、「ある程度なら何とかできる」という考え方をもつことが重要です。

完璧主義者は、不幸になる確率が極めて高いことが分かっています。

 

完璧主義ほど失敗する確率が高くなる【完璧主義が人生にもたらす危険】

 

失敗しても、それをいつまでも引きずらず、何とかなると思う

どんなことでも自分が頑張れば7-8割は何とかなると思う

 

マインドセットに関係しますが、こういった考えをもつことが、日々の幸福度に影響してきます。

 

 

他人と比較せずマイペースを保つこと

 

他人と自分を比べると不幸になります。

 

自分の失敗やつまづいている理由を人や環境のせいにしないこと。

自分の努力が足りないのはどこまでで、改善できるのはどこまでなのかを考えること。

 

他人と比べるのではなく、自分事として考えましょう。

 

また、人目を気にせずに物事を楽しめるか、言いたいことを言えるかも、幸福度に大きな影響を与えます。

図太すぎる、無神経すぎる人は問題ですが、自分のペースで、自分で考える、自分で決めることが大事です。

 

参考:自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス