e-Taxソフト(WEB版)で源泉所得の納付手続きをしてみた件

ビジネス/副業

 

このたび初めてe-Taxソフト(WEB版)で源泉所得の納付手続きをしてみました。

知らないことも多く、思っていたよりも面倒でした。

大枠としては次の作業です。

 

  • 開始届出書の提出
  • ソフトのインストール
  • インターネットオプションの設定
  • ICカードリーダのソフトインストール
  • 公的認証サービスのソフトインストール

 

申告自体はマイナンバーカードを読取せずともできるようでしたが、今後のことも考え読取できる環境を整えておきました。

 

 

e-Taxの利用に準備するもの

 

 

マイナンバーカードの読取に必要なICカードリーダです。

またリーダを使うためにCD/DVDドライブからソフトのインストールが必要です。CD/DVDがノートPCに標準装備されていなかったので、外付けをAmazonで買いました。

 

 

e-Taxソフト(WEB版)を使うための準備

 

ブラウザを開けばすぐに使えるというわけではなく、色々と設定が必要でした。

まずChromeは対象外になっていたので、普段は使わないInternet Explorerを使いました。

 

事前準備については国税庁のページに書いてあります。特に注意してみるべきは手順④のマニュアルかと思います。

 

まず「事前準備セットアップ」と書いてあるところから、PCにソフトをインストールする必要があります。

さらにこれだけでは不十分で、ブラウザの設定ボタンからインターネットオプションを開いて、「セキュリティ」の「信頼済みサイト」に以下の通り関連のURLを登録しておかなければ正常に作動しない可能性があるようです。

 

 

実際に私もページが読込まれない現象が起きたのですが、マニュアルに従い上記作業を行ったら解決しました。

 

あとは「開始届出書」と大げさに書いてありますが、実際はアカウント作成のようなものです。Twitterを初めて利用するときなんかに、ログインの前にまずアカウント作成が必要なのと同じですね。

 

源泉所得税の納付については、上記の登録さえできればマイナンバーカードを使わなくてもできるようでした。

 

 

マイナンバーカードの読取りに必要な準備

 

恥ずかしながらリーダをPCに繋げばすぐに読取りができると思っていたのですが、色々とインストールが必要でした。

購入したICカードリーダライターにはCDが付属されていて、説明書はありませんでしたがAmazonの商品ページに色々と載っていました。

 

 

というわけで、まずは付属のCDを起動して、2つフォルダが出てくるので、それぞれからsetup.exeのファイルをクリックしてインストールします。

 

そして公的個人認証サービスのソフトをインストールします。

これで読取可能、電子証明の利用が可能になります。

マイナンバーカードの暗証番号は入力を間違えないように注意しましょう。

 

 

e-Taxソフト(WEB版)は時間に注意

 

e-Taxソフト(WEB版)は使える時間が決まっています。

以下のようにホームページ上にカレンダーが載っていますので、まず使う前に確認しましょう。