人生を再構築するための4つのルーティーン。自分と向き合い、自分がやりたいことを見つける。

ルーティン

 

参考:いくつになっても、「ずっとやりたかったこと」をやりなさい。

 

普段の生活であまり意識しませんが、私たちの生活は多くのルーティンで成り立っています。

 

たとえば

  • 仕事に行く時間に合わせて起床する
  • 朝食を食べる
  • 通勤する
  • 昼休憩で昼食を食べる

 

細かく分けると、いくつものルーティンと呼べる行動で成り立っていることが分かります。

 

つまり、新しいルーティンを作ることで、今の生活を変えることができ、新しい自分に生まれ変わることができるのです。

 

ここでは、12週間で実践できる、自分の内側に眠る「ずっとやりたかったこと」を明確にして、人生を再構築していくための最強ルーティン4つを紹介していきます。

 

習慣化の成功率を高める7つの心理テクニック

良い習慣を身につけるための5つの実践テクニック

 

メモワール(回顧)

 

メモワール=回顧では、自分の年齢を12分割して、1つずつじっくりと振り返っていきます。

たとえば、あなたが今36歳であれば、4-6歳、7-9歳、10-12歳、という感じに、これまでの人生を分けていきます。

1週間に1ブロックずつ、12週間かけてやります。

 

自分の過去に対し、敬意をもって振り返ることがポイントです。

 

  • その時どこに住んでいた?
  • どんな音を覚えている?
  • 印象的だったニオイは?
  • 最大の挑戦は何をしていた?
  • 何に夢中になっていた?
  • その時誰を懐かしく思う?
  • 好きだった人は?

など

 

「そんな昔の事なんか思い出せない」と思うかもしれませんが、過去の記憶をじっくりと振り返っていくことで、色んなことを思い出すことができます。

 

そして、「自分がどのようにしてここまで来たか」を思い出すことができるのです。

 

私たちは誰もが、「自分は大した人生を生きてきていない」と思ってしまう傾向があります。

 

しかし、敬意をもって自分の歴史を振り返ることで

「自分がどれだけ頑張ってきたか」

「自分がどれだけ愛されてきたか」

ということに気づき、自分の人生の意味や価値を認識することができます。

 

そして、自分の人生を誇れるようになります

 

 

 

モーニングノート(朝日記)

 

モーニングノート=朝日記では、パソコンやスマホは使わず、A4サイズのノートに1日3ページ、手書きで思いついたことを自由に書きだしていきます。

 

手書きの方が、ゆっくり書くことができて、創造性も高まるため、この朝日記に適していると言われています。

朝食やコーヒーを飲む前、朝一番に行います。

 

日記はだいたい夜に書くのが普通ですが、夜は反省が多い一方、朝は前向きな思考が出てきます。

 

起床してすぐだと、まだ何もしていないから何も書くことがない、と思うかもしれません。

どんな小さなくだらないと思うことでもいいので、ただひたすら思いついたことを書いてください。

 

そうすることで、思考の中のごみを取り除くことができます。

何を考えていて、何を考えていないかが明確になってきます。

 

ノートは、家族も含め、誰にも見せないようにしてください。

人に見せるために書かず、自分だけのために、自分に対して優しく書いてください。

 

人に言えば無理だと言われるような願望や夢でも、かまわず自分に正直に書き出すこと。

自分だけのノートなので、自分の願望に対して自分で無理だと決めつけ、抑え込む必要はありません。

 

 

アーティストデート

 

アーティストデートは、週に1回1時間、何かをすると想像して、新たにやってみたいことを10個書きます。

今まで通りの生活ではできないようなことを書いてください。

 

たとえば、サーフィン、バイオリン、茶道、海外に住むなど、今までやってみたかったけど、何だかんだできなかったようなことを書き出します。

 

  • 時間がない
  • 勇気がない
  • お金がない

 

このようなネックがあったとしても、とりあえず書き出してください。

 

改めてゆっくり考えることで、自分の内に潜む願望、本当にやりたかったことに気づくチャンスが生まれます。

 

 

 

 

関連するエクササイズとして、「5つの架空の人生を考えて、タイトルをつける」ことをやってみましょう。

たとえば

もし自分が歌手になっていたら

もし自分がプロ野球選手になっていたら

 

もし自分がいまの自分ではなく、想像する人物だったら…という架空の人生を5つ考えます。

そこから1つ選んで、その人生に少し近づけることをやってみます。

「その人生に近づけるとしたら、何をすればいいだろう?」と考えて、1つやってみてください。

 

 

ソロウォーキング(一人散歩)

 

ソロウォーキングは、一切何も持たずに、完全に1人で、週に2回、20分ウォーキングをします。

 

通勤は散歩に含みません。

犬の散歩もNG

買い物もNG

子どもとの散歩もNG

 

完全に1人で、スマホも携帯してはいけません。

 

内省に集中する時間を持つことが目的です。

これをすることで、ひらめきやシンクロニシティを感じる機会が生まれます。

スマホも持たずに一人で散歩することで、「気づきの時間」を持つことができます。

 

ちなみに、スマホから離れること、散歩することは脳にいいことが科学的にも検証されています。

私たち現代人は、暇さえあればSNSやニュースサイトを見たり、ゲームをしたりします。

情報過多になりがちな環境にいるのです。

 

毎週2回散歩したところで、何も気づかないことの方が多いかもしれませんが、完全に自分単独で散歩に集中するだけでも、メンタルをリフレッシュできます。

 

 

まとめ

 

行動することで、新たな発見があり、自信が生まれ、人生が変わります。

新しいルーティンを作ることで、新しい自分に生まれ変わることができるのです。

 

  • メモワールで過去を振り返る
  • モーニングノートとソロウォーキングで、現在の自分を見つめる
  • アーティストデートで新しい自分に気づく

 

4つのルーティーンが組み合わさることで、自分が本当にやりたかったことが見えてきます。

 

ここで気づかされたことは、自分の内にあった願望であり、他の人は知らないことです。

自分さえやる気になれば、何歳になろうと新しい挑戦はできることに気づけます。

 

参考:いくつになっても、「ずっとやりたかったこと」をやりなさい。

 

 

習慣化の成功率を高める7つの心理テクニック

良い習慣を身につけるための5つの実践テクニック